全く痛くない今日日の包茎治療の実際

包茎という言葉を最初に耳にする事になったのは、中学生の時でした。
当時は今日の様なインターネットや様々な雑誌やDVD等のメディアに関する情報は非常に乏しく、友人が何処から入手したのかわかりませんが入手したアダルト系の雑誌やアダルトビデオを見て、胸の奥から突き上げるような興奮を覚えたものです。
しかし包茎というのは完全に皮に覆われて亀頭部が露出していないものか、あるいは性的興奮を感じていない場合にあっても亀頭部が完全に露出しているという、オールオアナッシングのイメージしかありませんでした。
現在では外国人等と比較すれば、日本人の大半は仮性包茎と言われております。
性的興奮をしていない場合には包茎的な状態であるけれども、手を使用して特別な力を入れて皮を剥き、亀頭を露出させる事が出来るので清潔さにも問題はないしパートナーとのセックスにも問題がないというのが一般的な見解です。
しかしや若い頃の私は、情報が乏しい状態でこの事実を知らずにおりました。
つまり仮性包茎は何らかの病気の一種であり完璧に亀頭を露出させなければ、付き合っている彼女ともし別れることになり、別の女性とセックスをする場面では、パートナー側の女性側から笑いものにされるかもしれないという事を恐れた為に、完全タイプの包茎手術を受ける形になったという訳です。
恐らく手術の一種であるのだから麻酔を打つであろうというのは予想が出来ましたが、場所が場所だけに痛みがあれば、それは尋常な無い痛みが全身を駆け巡るのではないかという恐怖感もありました。
しかし実際の手術は手術前に考えていた様な大げさなものでは無く、施術時間もそれ程長くありませんでしたので拍子抜けした事を今でも覚えています。
またその頃には早漏を克服する為には包茎を治すべしという、一種の都市伝説の様な話も聞いていた事も関係してか包茎治療には必要以上の焦りを感じていたのかも知れません。

エアロバイクをお探しなら
最適なフィットネス器具をご提案します